Raspberry Pi 2 Model B + WDC-150SU2Mで無線LANに接続する

やるべきこと

ドライバのインストール

WDC-150SU2M(=Realtek 8188eu)のドライバをインストールして、ネットワークに接続する。

Raspbian更新

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

ファームウェア更新

rpi-update

Linuxバージョン確認

uname -a

表示されたバージョン番号を確認する。(2015/12/8時点では4.1.13-v7+ #826)

ドライバダウンロード

https://www.raspberrypi.org/forums/viewtopic.php?p=462982から対応するバージョンのファイル名(8188eu-v7-yyyymmdd.tar.gz)を探す。PiとPi2でファイルが違うので注意。

ドライバインストール

wget https://dl.dropboxusercontent.com/u/80256631/8188eu-v7-2015yyzz.tar.gz
tar xzf 8188eu-v7-yyyymmdd.tar.gz
./install.sh

再起動

sudo reboot now

認識していることを確認

lsusb

“ID 056e:4008 Elecom Co., Ltd”が表示されていれば正常に認識されている。

ネットワークに接続

プロファイル作成

/etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.confを作成する。

network={...}の部分はwpa_passphrase 接続したいSSID パスワードを実行して生成できる。 コマンドの出力にはコメントとしてパスワードの平文が含まれている(#psk=…)ので、心配なら削除する。

接続

標準で動いているdhcpcdは特定の名前が付いた設定ファイルを自動で読み込むので(dhcpcd#10-wpa_supplicant - ArchWiki)、dhcpcdを再起動すれば接続できるはず。

sudo systemctl daemon-reload
sudo service dhcpcd restart

うまくいかない場合はwpa_cliで対話型の設定コンソールが開いて何とかする。

固定IP

dhcpcdの設定と競合するので/etc/network/interfacesは書き換えない。 dhcpcdの設定ファイル/etc/dhcpcd.confの末尾に下記の設定を追記するか、DHCPサーバ側でリースするIPを固定する。

interface wlan0
static ip_address=192.168.0.81/24
static routers=192.168.0.1
static domain_name_servers=192.168.0.1

ただ、標準でavahiが動いていて”raspberypi.local”でアクセスできるのでサーバ運用しないならIPを固定する必要はない気がする。 (WindowsではBonjourが必要だが、単体のインストーラが提供されている。)